COLUMNコラム

BIOHACKのイメージ図【外観】

皆さんこんにちは。

 

大阪メトロ天王寺駅・近鉄阿倍野駅直結のホテル、都シティ大阪天王寺内にある、こめだリラクゼーション&フィットネスのトレーナーの坂内です。

 

本日は、「こめだリラクゼーション&フィットネス」から新しく生まれ変わる「BIOHACK」のテナントイメージをご紹介します。

 

先日、お世話になっている工務店からBIOHACKの外装・内装のイメージ図をいただきました。我々スタッフもより具体的な施設の姿を思い描けるようになってまいりました。今日はまだ構想中の案ではありますが、皆様にもBIOHACKの完成イメージをお披露目したいと思います!

 

外観のイメージはクールで落ち着きのあるシルバーグレーで、ガラス越しから受付が見える開放感のあるエントランスが特徴。

エントランス以外に、ジムエリアになる壁面に感染予防対策のための換気用のスリット窓が設けてあります。

 

 

 

ビルの地下1階というロケーションですが、大阪メトロ天王寺駅と近鉄阿倍野駅の地下改札につながるフロアと直結していて、その地下空間から地上までを結ぶ階段やエスカレーターは吹き抜けのようになっており、空気がしっかり流れる構造になっています。

 

換気用スリット窓はこの構造を利用して、換気を促すように考えられています。

見た目も格好いいですよね!

 

ありそうでない施設を目指して、外観から内装までスタッフ間で熱い議論が交わされていますが、まだまだ全貌が決まるのはこれからです。

 

BIOHACKは、リラクゼーションエリアとフィットネスジムエリアからなる施設になります。

 

リラクゼーションエリアでは、全室完全個室の空間を設け、プライバシーや感染予防をしっかり意識し、癒しをとことんまで追求した内装に仕上がる予定です。全3室ありますが、パーテーション等で簡易に区切ったお部屋ではなくそれぞれが独立しているため、周りを気にせず、落ち着いた空間でくつろいで頂く事ができます。

 

フィットネスエリアでは、人工芝のエリア、マシンエリア、そしてボルダリングができる壁面が予定されています。人工芝のエリアではストレッチやゴロゴロしたり、ちょっと走ったりできるようなスペースに。マシンエリアにはウェイトトレーニングラックとスミスマシン、ダンベル、トレーニングベンチ、そして空気圧を負荷とするマルチケーブルマシンを導入予定です。

 

リラクゼーションルームもフィットネスジムエリアも内装が気になるところですが、その気になる内装の画像はまた、次のコラムでご紹介しますのでお楽しみに!

 

まだまだ構想中の案ですが、工務店さんからも一級建築士目線でのプロの意見も聞きながらBIOHACKをご利用いただく全ての皆様が心地よくご利用いただける空間を目指して作り上げてまいります。まだまだ色々と変わることもあるかも知れませんが、完成まで楽しみにお待ちください!