COLUMNコラム

このような悩みを抱えていませんか?

こんにちは。

大阪メトロ天王寺駅・近鉄阿倍野駅直結のホテル、都シティ大阪天王寺内にある、こめだリラクゼーション&フィットネスのトレーナーの飯塚です。

 

まだまだ暑さの残る今日この頃ですが、いかかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は多くの方が抱えるお身体のお悩みについて、コンディショニングトレーナーの観点からお話したいと思います。

 

今回ご紹介するお悩みは、当施設(こめだリラクゼーション&フィットネス)をご利用される方の実際のお声からピックアップしたもです。

 

新型コロナウイルスによって、この2年で劇的に生活が変わったという方が多くいらっしゃるとは思いますが、当施設でも多くのご利用者様から生活の変化についてお聞きすることがあります。

その中でも運動不足は多くの方が経験していることです。

このような社会環境の中で健康を維持することはとても重要ですし、自宅でできる運動を行うことや食事など生活習慣を整えることがいかに大切かを改めて痛感させられます。

 

こんな経験ありませんか?

 

「最近疲れやすくなった」・「腰がだるい」・「階段で息が上がる」・

「長年首や肩こりに悩まされている」・「立ち上がるとき膝が痛む」…など

 

当施設でよく聞くお声です。

 

ずばり、このような経験をお持ちの方は正しい運動が必要です!

 

例えば、非特異性腰痛(診察や画像診断で原因を特定するのが難しい腰痛)は生涯で80%の人が経験するといわれているように、身体の不調や痛みは原因がわからなくても起ってしまうというのが前提にあります。(https://mdf.or.jp/hitokuitekiyoutsuu

 

そうした不調や痛みと上手く付き合うためには、悪化する前の身体の状態(コンディション)にもっと目を向けなければいけません。

しかし多くの方は調子を崩したり、あるいは痛みがひどくなってきてから、病院に行ったり治療を受けに行動し始めます。

 

健康な生活を目指す上で、不調や痛みを予防、そして早く改善するためには何かが起きてからではなく、もっと積極的な行動が必要です。

 

日本の国家予算の半分が医療費に充てられているということを考えると、多くの方が病気や痛みを経験しているということが考えられます。
結果、入院や治療を求める方が多くなるわけですから、一人一人が入院や長期治療につながるほどに状態が悪化する前に、健康や身体のことを考慮した生活を送ることを心がければ、きっと国家予算における医療費の軽減につながり、税金の有効利用につながるのではないかと思うことがあります。

 

治療医学から予防医学へ

とはいっても中々予防することも簡単ではありません。先ほども述べたように、身体の不調や痛みは出ることが前提です。

言い換えると、不調が発生する根本的な理由を知ることで、予防も十分できるということになります。

コンディショニングトレーニングは身体の不調やケガの予防に効果的と言われ、現代人にとって必須不可欠と言われることもあります。

 

ではなぜ、現代人はコンディショニングトレーニングが必要不可欠なのでしょうか?

 

現代人の特徴

・スマホやパソコンなど電子機器を用いた作業が多い

・長時間同じ姿勢を保持している

・移動手段や社会環境などは便利なもので整っている

・カロリー摂取(食事)とカロリー消費(運動、基礎代謝)のバランスが悪い

・脂質や糖質の多い偏った栄養価の食事が多い

他にもまだまだ多くあげられますが、これらの特徴からもわかるように、現代人の特徴は運動不足と姿勢不良を促がしている生活習慣が多いということです。

 

そしてこの運動不足と姿勢不良が、多くの方が抱える身体の悩みに大きく影響しています。

 

「最近疲れやすくなった」・「ずっと腰や膝の痛みがある」・「首肩凝りに長年悩まされている」

 

こうしたお声の持ち主は、
仕事はデスクワーク、車か電車移動がほとんどで、一日通じて歩く量が少ない。つまり一日のほとんどを同じ姿勢で過ごし、運動もあまりしないといった生活を送っている方々です。

 

では、お悩みを一つ一つひも解いていきましょう。

 

最近疲れやすくなった

疲れやすい身体の特徴は、運動不足による体力の低下や、姿勢不良による身体の機能の低下です。

例えばパソコンなどのデスクワークを長時間行うと、頭部は胴体に対して前に前傾しやすくなり、その結果猫背になりやすくなるため、胸が開きにくく、結果的に肋骨の拡張が制限され働きが悪くなることから呼吸も浅くなってしまい、酸素を十分身体に取り込めないことで代謝が滞り慢性的な疲労感につながっている場合があります。

 

ずっと腰や膝に痛みがある

身体の各関節・筋肉にはそれぞれの可動域や役割があります。一日を通じて運動する機会があまりないのであれば、おのずとそれらの役割は十分に発揮されず、やがて身体は必要最低限の可動域・役割しか求めないようになります。つまり、今まで当たり前のようにできていた動きでも、いざ昔のように行動しようとしても身体の一部分を酷使した無理した使い方につながってしまい、関節や筋肉に負担が積み重なり、慢性的な痛みを引き起こしてしまいます。

 

首肩凝りに長年悩まされている

首肩に関しては多くの部位のストレス要因が関わることになっていて、その根本は頭部・目・肩甲骨・腰・腿・足関節 など…とかなり複雑になっています。姿勢はもちろんですが、慢性的に問題を抱える方が多いので、こまめなケアを日頃から取り入れていく必要があります。

例えば頭や目、肩甲骨などは場所が近いことから直接影響を与えやすい部位でもあります。こうしたところのマッサージや簡単な運動を上手に取り入れていきながら、最終的には身体全体を整えて慢性化を予防する必要があります。

 

コンディショニングトレーニング

こうしたお身体のお悩みを効果的に改善していくためには、身体の現状・生活習慣等を細かく抽出して、ご自身に合った最適なアプローチを見つけ応用することが重要です。お一人お一人、お身体の特徴が異なるので、多くの場合、他の方の正解は決して自分の場合の正解とは限らないこともあり、見よう見まねでメディアや広告の情報をご自身に当てはめて行動しては危険だということを覚えていただけたらと思います。

 

こめだリラクゼーション&フィットネスでは、お一人お一人のお体の状態や目的・目標に応じて、その方に最も最適な体のケアや運動を用いた複合的なコンディショニングを提供しています。コンディショニングトレーニングとは一般的な運動ということではなく、ケアやストレッチから関節の動作トレーニングや筋力トレーニングに至るまで、あらゆる方法で身体を整えていくアプローチです。

 

コンディショニングトレーニングがどのようなものか、ご自身には必要か、ぜひ、お気軽にこめだリラクゼーション&フィットネスのトレーナーまでご相談いただければと思います。

 

参考著書・サイト:

不良姿勢を正しくする姿勢の教科書上肢・下肢編(2018 ナツメ社)

医療法人メディカルフロンティア 非特異的腰痛について